総計: 4417820  今日: 811  昨日: 555       Home Search SiteMap Admin Page
  日本近代文学論究
耽美派(潤一郎・荷風)
ベストセラー論
金沢・石川の文学
近現代文学
書評・同人誌評
劇評「私のかあてんこおる」
エッセイ・コラム
ものぐさ
パラサイト
<<前月 次月>>

2009年01月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 カメラ道楽 
 アイラブJAZZ 
 オ−ディオ帰り新参 
 2004年
11月〜12月
 2005年
1月〜2月
3月〜4月
5月〜6月
7月〜8月
9月〜10月
11月〜12月
 2006年
1月〜2月
3月〜4月
5月〜6月
7月〜8月
9月〜10月
11月〜12月
 2007年
1月〜2月
3月〜4月
5月〜6月
7月〜8月
9月〜10月
11月〜12月
 2008年
1月〜2月
3月〜4月
5月〜6月
7月〜8月
9月〜10月
11月〜12月
 2009年
1月〜2月
3月〜4月
5月〜6月
7月〜8月
9月〜10月
11月〜12月
 2010年
1月〜2月
3月〜4月
7月〜8月
5月〜6月
9月〜10月
11月〜12月
 2011年
1月〜2月
3月〜4月
5月〜6月
7月〜8月
9月〜10月
11月〜12月
 2012年
1月〜4月
5月〜8月
9月〜12月
 2013年
1月〜4月
5月〜8月
9月〜12月
 2014年
1月〜3月

ものぐさ 徒然なるままに日々の断想を綴る『徒然草』ならぬ「ものぐさ」です。

 内容は、文学・言葉・読書・ジャズ・金沢・教育・カメラ写真・弓道など。一週間に2回程度の更新ペースですが、休日に書いたものを日を散らしてアップしているので、オン・タイムではありません。以前の日記に行くには、左上の<前月>の文字をクリックして下さい。

 

・XP終了に伴い、この日誌の更新ができなくなりました。この日誌の部分は、別のブログに移動します。アドレスは下記です。

 

エキサイトブログ 「金沢日和下駄〜ものぐさ〜」
           
http://hiyorigeta.exblog.jp/

 2009年01月23日
  (つづき)

 そういえばと、以前この日記で触れた沢田研二の「君をのせて」(岩谷時子作詞)も心に浮かんだ。

 

「君のこころ塞ぐ時」、「ひとの言葉、夢のむなしさ」知った時には、「粋な歌をうたい、君をのせて夜の海をわたる舟になろう。」という詞。

 

 この歌、前は男と女の歌として読んだ。だが、元々は男同士の歌なのだという。確かに「皮の靴をはいて、肩と肩をぶつけながら」というあたりに、はっきりそれは感じられる。
 三つの曲、どれもラブソングとして読むことも可能だが、共通しているのは、性別とは無関係に、傷ついた友人に手を差しのべる「連帯」の気持ちである。ストレートな「ヒューマニズム」と言い換えてもいい。
 LP「明日に架ける橋」は一九七〇年の発売。LP「つづれ織り」は翌一九七一年。沢田研二のシングルは同年十一月リリース。
 あの頃、米国はベトナム戦争が泥沼化していた。ジュリーのは安保闘争終焉の頃。だからこそ、音楽の上では、こうした「愛のメッセージ」が充ち満ちていたのだろう。
 あれから四十年近くたつ。私の心の中で、急にあの頃の時代の気分がふわっと入り込んできて、懐かしくも切ない気分に襲われた。

 

 

[1] 

お願い

 この日記には教育についてのコメントが出てきます。時に辛口のことも多いのですが、これは、あくまでも個人的な感想であり、よりよい教育への提言でもあります。守秘義務や中傷にならないよう配慮しているつもりです。 もし、問題になりそうな部分がありましたら、メールにてお知らせください。

  感想をお寄せください。この「ものぐさ」のフォームは、コメントやトラックバックがあるブログ形式を採っておりません。ご面倒でも、左の運営者紹介BOXにあるアドレスを利用下さい。

 

(マイノートパソコンと今は無き時計 2005.6 リコー キャプリオGX8)

 

 

 

 

Yahoo! JAPAN
Toshitatsu Tanabe Copyright(C)2004
EasyMagic Copyright (C) 2003 LantechSoftware Co.,Ltd.
All rights reserved.