総計: 4553421  今日: 389  昨日: 926       Home Search SiteMap Admin Page
  日本近代文学論究
耽美派(潤一郎・荷風)
ベストセラー論
金沢・石川の文学
近現代文学
書評・同人誌評
劇評「私のかあてんこおる」
エッセイ・コラム
ものぐさ
パラサイト
<<前月 次月>>

2008年10月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 カメラ道楽 
 アイラブJAZZ 
 オ−ディオ帰り新参 
 2004年
11月〜12月
 2005年
1月〜2月
3月〜4月
5月〜6月
7月〜8月
9月〜10月
11月〜12月
 2006年
1月〜2月
3月〜4月
5月〜6月
7月〜8月
9月〜10月
11月〜12月
 2007年
1月〜2月
3月〜4月
5月〜6月
7月〜8月
9月〜10月
11月〜12月
 2008年
1月〜2月
3月〜4月
5月〜6月
7月〜8月
9月〜10月
11月〜12月
 2009年
1月〜2月
3月〜4月
5月〜6月
7月〜8月
9月〜10月
11月〜12月
 2010年
1月〜2月
3月〜4月
7月〜8月
5月〜6月
9月〜10月
11月〜12月
 2011年
1月〜2月
3月〜4月
5月〜6月
7月〜8月
9月〜10月
11月〜12月
 2012年
1月〜4月
5月〜8月
9月〜12月
 2013年
1月〜4月
5月〜8月
9月〜12月
 2014年
1月〜3月

ものぐさ 徒然なるままに日々の断想を綴る『徒然草』ならぬ「ものぐさ」です。

 内容は、文学・言葉・読書・ジャズ・金沢・教育・カメラ写真・弓道など。一週間に2回程度の更新ペースですが、休日に書いたものを日を散らしてアップしているので、オン・タイムではありません。以前の日記に行くには、左上の<前月>の文字をクリックして下さい。

 

・XP終了に伴い、この日誌の更新ができなくなりました。この日誌の部分は、別のブログに移動します。アドレスは下記です。

 

エキサイトブログ 「金沢日和下駄〜ものぐさ〜」
           
http://hiyorigeta.exblog.jp/

  2008年10月11日 :: 人間模様
  先夜、いつものように病院に車を止めると、赤色灯の救急車。担架で患者が救急処置室に運ばれていく。命あれかしと思いながら横を通り、病棟に上がる。
 父の入院が長期戦になってきた。冬に入院し今は秋。ゆっくりと時間が動き、病棟の風景も微妙に少しずつ違ってくる。
 病室は、色々な人が入ってきて、そしていなくなる。病室前に掲げてある氏名札がなくなり、空きになったかと思うと、また、次の声がするようになる。前の方は、回復されたのか、転院されたのか、それとも、お亡くなりになられたのか。我々には何もわからない。
 テレビのある休憩コーナーも、お元気な方が多い時期は賑やかで、そんな時期があるかと思うと、ひっそりとしている時期が長く続くこともある。
 ある時は、「オレは、ここでじっとしているような性格ではない、早く出してくれ。」と怒鳴って、家族やナースを困惑させている男性の声が廊下にまで聞こえてきたりもした。
 また、なにか腹に据えかねたことがあったのだろう、ナースセンターの中で媼が若い医師に声を荒げていることも……。
 端からは窺い知れない人の感情が、静かな建物の中で、ふっと表立つ。病院はそうしたところ。
 そんな様々な人の思いを感じながら、私は、毎夜、ルーティーンのごとく父の病室に足を運ぶ。
 
 

お願い

 この日記には教育についてのコメントが出てきます。時に辛口のことも多いのですが、これは、あくまでも個人的な感想であり、よりよい教育への提言でもあります。守秘義務や中傷にならないよう配慮しているつもりです。 もし、問題になりそうな部分がありましたら、メールにてお知らせください。

  感想をお寄せください。この「ものぐさ」のフォームは、コメントやトラックバックがあるブログ形式を採っておりません。ご面倒でも、左の運営者紹介BOXにあるアドレスを利用下さい。

 

(マイノートパソコンと今は無き時計 2005.6 リコー キャプリオGX8)

 

 

 

 

Yahoo! JAPAN
Toshitatsu Tanabe Copyright(C)2004
EasyMagic Copyright (C) 2003 LantechSoftware Co.,Ltd.
All rights reserved.