総計: 2670046  今日: 614  昨日: 682       Home Search SiteMap Admin Page
  日本近代文学論究
耽美派(潤一郎・荷風)
ベストセラー論
金沢・石川の文学
近現代文学
書評・同人誌評
劇評「私のかあてんこおる」
エッセイ・コラム
ものぐさ
パラサイト
 カメラ道楽 
 アイラブJAZZ 
 オ−ディオ帰り新参 
デジカメウオッチ
リコーGRブログ

 カメラ道楽

 

 1975年、オリンパスOM−1を買って以来、ちょっとずつカメラが増えてきました。手放した機種もあり、紛失したものもあり、結局、現在、9機種で運用しています。懐かしのカメラや、手持ちのレンズも含め、印象をご紹介します。

 TITLE: コンタックス T3 
 DATE: 2005/08/16 
  

 高級コンパクトカメラ。この調子では、最後に買った銀塩カメラになるかもしれない。GR1が画角28mmなのに対して、こちらは35mm。こってりとした色味で、リバーサルでもバッチリ。実は、宝くじが当たって小銭が入ったので、愚妻に内緒で買って、職場に置いておこうと目論んでいた。この2台は、家用と職場用で棲み分けするからと自分に言い聞かして買ったのだが、結局、打ち明け、どっちも今、家に置いてある。ずっしり重く、いかにも高級という感じが漂う。

 

 リコー GR1(ジーアール1) 2005/08/16

 (アジサイ リコー キャプリオGX8 2005.6)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なお、このHPの写真はすべて、ペンタックス*istDL2、リコーキャプリオGX8、オリンパスC−40Zのいずれかで撮ったものです。

Toshitatsu Tanabe Copyright(C)2004
EasyMagic Copyright (C) 2003 LantechSoftware Co.,Ltd.
All rights reserved.