総計: 2670042  今日: 610  昨日: 682       Home Search SiteMap Admin Page
  日本近代文学論究
耽美派(潤一郎・荷風)
ベストセラー論
金沢・石川の文学
近現代文学
書評・同人誌評
劇評「私のかあてんこおる」
エッセイ・コラム
ものぐさ
パラサイト
 カメラ道楽 
 アイラブJAZZ 
 オ−ディオ帰り新参 
デジカメウオッチ
リコーGRブログ

 カメラ道楽

 

 1975年、オリンパスOM−1を買って以来、ちょっとずつカメラが増えてきました。手放した機種もあり、紛失したものもあり、結局、現在、9機種で運用しています。懐かしのカメラや、手持ちのレンズも含め、印象をご紹介します。

 TITLE: ペンタックス PC35AF 
 DATE: 2005/08/17 
  

 (紛失して今はないカメラ)オートロンという愛称で有名。大学時代、東京の量販店で、自分のお金で買った初めてのカメラ。在京時代から30歳代中盤まで、ほとんどこれで撮っていた。レンズは35mmF2.8。ペンタックス初のAFコンパクトカメラである。あの頃、オリンパスXAとどっちを買おうか、悩んだ覚えがある。プラボディだが、オプションでワインダーがつくという懲りよう。レンズが明るく、多少、歪みが大きかったが、描写はしっかり。よいレンズがついていたと、今になって感心する。ボディを持っても、レンズが重いのがよくわかった。昔は、こんなお手軽で安価なカメラでも、本当にいいレンズをつけていた。人に貸して、酔っぱらったその人がどこかに置いてきて終わり。今でも手元にあったらと悔やまれる。その人から弁償金としてもらった1万円でリコーGR1を買った。(画像は「素人写真機修理工房 」より転載 )

 フジDL200U 2005/08/17
 ペンタックス MZー3 2005/08/16

 (アジサイ リコー キャプリオGX8 2005.6)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なお、このHPの写真はすべて、ペンタックス*istDL2、リコーキャプリオGX8、オリンパスC−40Zのいずれかで撮ったものです。

Toshitatsu Tanabe Copyright(C)2004
EasyMagic Copyright (C) 2003 LantechSoftware Co.,Ltd.
All rights reserved.