総計: 2670046  今日: 614  昨日: 682       Home Search SiteMap Admin Page
  日本近代文学論究
耽美派(潤一郎・荷風)
ベストセラー論
金沢・石川の文学
近現代文学
書評・同人誌評
劇評「私のかあてんこおる」
エッセイ・コラム
ものぐさ
パラサイト
 カメラ道楽 
 アイラブJAZZ 
 オ−ディオ帰り新参 
デジカメウオッチ
リコーGRブログ

 カメラ道楽

 

 1975年、オリンパスOM−1を買って以来、ちょっとずつカメラが増えてきました。手放した機種もあり、紛失したものもあり、結局、現在、9機種で運用しています。懐かしのカメラや、手持ちのレンズも含め、印象をご紹介します。

 TITLE: タムロン高倍率ズーム 28mm〜200mm F3,8〜5,6(ペンタッ 
 DATE: 2006/08/13 
    タムロンといえば、高倍率ズームでベストセラーを続けている会社。そのベストセラーレンズの二代目である。後、ぐっと小型化されるが、所有のものは、フィルター径72mmとかなり大きい。鏡筒にも高級感はない。銀塩時代は、行事に旅行にと大活躍してくれた。写りもカチッとしており、ポジでもOKのオールマイティレンズである。ただ、デジタル時代となり、広角側に不満が出てきた上に、盛大にフレアが出る。このレンズが手持ちレンズの中で、一番、問題が大きくなってしまったレンズである。(2006.8記)
 ペンタックス純正標準ズーム FA28mm〜70mmF4 2006/08/13
 シグマ 75mm〜300mmF4,5〜6,3(ペンタックスマウント) 2006/08/13

 (アジサイ リコー キャプリオGX8 2005.6)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なお、このHPの写真はすべて、ペンタックス*istDL2、リコーキャプリオGX8、オリンパスC−40Zのいずれかで撮ったものです。

Toshitatsu Tanabe Copyright(C)2004
EasyMagic Copyright (C) 2003 LantechSoftware Co.,Ltd.
All rights reserved.