総計: 2670046  今日: 614  昨日: 682       Home Search SiteMap Admin Page
  日本近代文学論究
耽美派(潤一郎・荷風)
ベストセラー論
金沢・石川の文学
近現代文学
書評・同人誌評
劇評「私のかあてんこおる」
エッセイ・コラム
ものぐさ
パラサイト
 カメラ道楽 
 アイラブJAZZ 
 オ−ディオ帰り新参 
デジカメウオッチ
リコーGRブログ

 カメラ道楽

 

 1975年、オリンパスOM−1を買って以来、ちょっとずつカメラが増えてきました。手放した機種もあり、紛失したものもあり、結局、現在、9機種で運用しています。懐かしのカメラや、手持ちのレンズも含め、印象をご紹介します。

 TITLE: オリンパスCー40ZOOM 
 DATE: 2005/08/17 
  

 初めて買ったデジカメ。当時で最高の400万画素で、軽量、嵩も小さかった。心臓部は、高級デジカメ機と同じで補色系。現在でも、我が家の現行バリバリ機種。実は愚妻の所有。電池の持ちが最悪で、動作が緩慢なのが大問題、シャッターラグも気になるが、最大の電池問題は、ここのところの充電池の大容量化で多少克服されつつある。写りが綺麗で、低画素でも綺麗な写りが維持される。近年、我が家で再評価の機運が高まっている。

(作例)

 

 

 

 

 

 

 

 

(お祭りの練習 2003.6)

 リコー キャプリオGX−8 2005/08/17
 オリンパスーペンEE 2005/08/17

 (アジサイ リコー キャプリオGX8 2005.6)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 なお、このHPの写真はすべて、ペンタックス*istDL2、リコーキャプリオGX8、オリンパスC−40Zのいずれかで撮ったものです。

Toshitatsu Tanabe Copyright(C)2004
EasyMagic Copyright (C) 2003 LantechSoftware Co.,Ltd.
All rights reserved.