総計: 2596359  今日: 277  昨日: 858       Home Search SiteMap Admin Page
  日本近代文学論究
耽美派(潤一郎・荷風)
ベストセラー論
金沢・石川の文学
近現代文学
書評・同人誌評
劇評「私のかあてんこおる」
エッセイ・コラム
ものぐさ
パラサイト
 私の「かあてんこおる」T 1986-1988 
 私の「かあてんこおる」T 1989-1990 
 私の「かあてんこおる」T 1991-1993  
 私の「かあてんこおる」T 1994-1995 
 私の「かあてんこおる」U 1995-1996 
 私の「かあてんこおる」U 1997-1998 
 私の「かあてんこおる」U 1999-2000 
 私の「かあてんこおる」U 2001-補録 
金沢市民劇場

 劇評(観劇感想文) 私の「かあてんこおる」

 この頁は、「劇評」(観劇感想文、観劇レビュー)を掲載します。演劇鑑賞団体「金沢市民劇場」に入会して二十年近く、演劇を定期的に観てきました。そして、気が向いたときに、短評を、機関誌「かあてんこおる」(感想文集)に掲載してきました。その一部(2001年〜)を、ここに掲載しています。
 なお、2001年までのものは、「私の「かあてんこおる」」「私の「かあてんこおる」U」として出版しています。ご希望の方は、連絡くだされば、無料で差し上げます。なお、メールアドレスはプロフィール頁にあります。

  銃口ー教師・北森竜太の青春ー 青年劇場 2007.7

真っ直ぐな芝居 

    青年劇場公演『銃口ー教師・北森竜太の青春ー』第267回例会

 

 真面目で真っ直ぐな芝居であった。それが清々しい。
 希望に燃えて小学校教員となった主人公(船津基)が、北海道生活綴り方教育連盟に参加していたため、アカと間違われ特高の拷問を受け、退職せざるを得なくなるというのが前半の展開。
 職員室内の、皇国教育を推進する校長と子供中心に考える教員たちとの温度差がうまく描かれ、当時を知らぬ私も、さもありなんと思わせるに充分であった。
 後半は、九死に一生を得た主人公が、戦後、帰国し、教職復帰の自信のなさを吐露するものの、遺書を届けた故上官の母から感謝されることで、再び教育者として生きることを決意するまでを描く。
 原作は三浦綾子。最後の小説から一部を切り取った芝居だという。戦前、何の疑問もなく教え子に軍国教育を施してしまった体験と反省がこの物語の展開に深く反映していることはいうまでもない。悔いて教育者として戻らなかった作者が、この話で、かくあれかしと思った人物像を造型し、理想を託したと考えるは自然なことだ。そうした視座がはっきりしているので、観ていてストレートにメーッセージが伝わった。
 登場人物は、彼を慕う恋人はあくまでも純心で、特高はあくまでも憎たらしく、人のいい刑事さんはあくまでもこの家族思いというように、あまりに雛型通りなのだが、それが、逆に見ていて安定感につながっていたように思う。
 出演者も二十二名と、最近の芝居ではたっぷり使っているほうで、職員室、下宿、実家、ロシア戦線、東北の農地など場面数が多いのも印象的だった。抗日に射殺されそうになるシーンの緊迫感、ラストの東北の風景のひろびろ感とのコントラストなど、各場毎に雰囲気が違っていて、飽きさせない。その都度、裏方は大変だろうが、労力をかけているだけの効果ははっきり感じられた。
 お説教臭いところがある青年劇場として、今回は作品メッセージの強靱さの下、下手な主張をしゃべくり散らすことがなかったのも好印象で、これまでの中で出色の出来であった。
 戦後何十年か、戦時の異常さを描く文学や劇などが沢山世に出た。作者も受け手もすぐ過去に実経験があったればこそである。それが、戦後六十年を経過し、当事者もほとんどいなくなり、大戦は「歴史上の出来事」となってきた。この種の体験談を身近に見聞きすることも本当に少なくなった。
 この舞台、少々類型的展開だが、このストレートさは、今の時代にこそ貴重のような気がした。
 以上、評価としては、主人公が同業者の芝居だったので、ちょっと点が甘くなったかもしれない……。
           (父親でさえ戦争に行っていない世代の馬鹿息子より)                                   (2007.7)

    [1] 
 前のテキスト : 明石原人−ある夫婦の物語ー 劇団民藝公演 2007.10
 次のテキスト : 台湾の大地を潤した男ー八田與一の生涯ー 劇団昴 2007.6

「わたしの「かあてんこおる」「同U」目次

 

 劇評小冊子「わたしの「かあてんこおる」「同U」に掲載されている劇名は、以下の通りです。該当の左のボックスをクリックして下さい。

 

「わたしの「かあてんこおる」
 一 九 八 六 〜 八 八 年                              
『おんにょろ盛衰記  三年寝太郎』
『罠』                         
『払えないの? 払わないのよ!』                     
『頭痛肩こり樋口一葉』                       
『こんな話』                     
『プラザスイート』                   
『薮原検校』                 
『夢の降る街』      

 

 一 九 八 九 〜 九 〇 年                                
『闇に咲く花−愛敬稲荷神社物語』                             
『夜の笑い』                           
『三婆』                         
『砂の上のダンス』                       
『炎の人−ゴッホ小伝』                     
『エセルとジューリアス』                   
『唐来参和』                 
『ミュージカル 船長』    

 

 一 九 九 一 〜 九 三 年                              
『雪やこんこん』                             
『音楽劇 楢山節考』                           
『おもん藤太 文七元結』                         
『日本の面影』                       
『気になるルイーズ』                     
『リチャード三世』                   
『遺産らぷそでぃ』          

 

一 九 九 四 〜 九 五 年                              
『奇妙な果実』                             
『がめつい奴』                           
『荷車の歌』                         
『花石榴−友禅の家』                       
『枯れすすき−野口雨情抄伝』                     
『正しい殺し方教えます』                   
『喜劇 キュリー夫人』                 
『マンザナ、わが町』               
『サンダカン八番娼館−底辺女性史序章』             
「あ と が き」

 

「わたしの「かあてんこおるU」
一九九五年(承前)
 九月『とってもゴースト』                     
 十月『グレイ・クリスマス』                     
 十一月『セイムタイム・ネクストイヤー』       

 

一九九六年
 二月『フィガロが結婚』              
 三月『一本刀土俵入り・舞踊藤娘』               
 六月『頭痛肩こり樋口一葉』                   
 七月『欲望という名の電車』                 
 九月『哄笑』                             
 十一月『ロミオとジュリエット』         

 

一九九七年
 一月『馬かける男たち』          
 四月『キッスだけでいいわ』    
 六月『君はいま、何処に…』     
 七月『カラマーゾフの兄弟』   
 九月『越前竹人形』         
 十一月『花よりタンゴ』   

 

一九九八年
 二月『サロメの純情』                         
 四月『さぶ』                               
 六月『ニノチカ』                         
 七月『夏の盛りの蝉のように』           
 九月『根岸庵律女』                   
 十一月『橙色の嘘』

 

一九九九年
 二月『朝焼けのマンハッタン』          
 四月『女の一生』                    
 六月『青空』                      
 七月『愛が聞こえます』          
 十月『研師源六』              
 十二月『きらめく星座』           

 

二〇〇〇年
 一月『どん底』                              
 四月『鳴神・狐山伏』                      
 六月『野分立つ』                         
 八月『キッチン』                       
 九月『黄金色の夕暮れ』               
 十一月『見よ、飛行機雲の高く飛べるを』

 

二〇〇一年
 三月『湧きいずる水は』                        
 五月『ら抜きの殺意』                          
 七月『ほにほに、おなご医者』                
 十月『冬物語』                            
  十二月『崩れた石垣、のぼる鮭たち』      

 

補 録
『青春デンデケデケデケ』                          
『月夜の晩の出来事で、武士と呼ばれた侍が』      
『すべて世は事も無し』                        
 あとがき

                                       

 

 

 

 

 

 

(井上ひさしの戯曲単行本 左は名前を間違って訂正してある貴重本 運営者所有)

Toshitatsu Tanabe Copyright(C)2004
EasyMagic Copyright (C) 2003 LantechSoftware Co.,Ltd.
All rights reserved.