総計: 2393010  今日: 440  昨日: 473       Home Search SiteMap Admin Page
  日本近代文学論究
耽美派(潤一郎・荷風)
ベストセラー論
金沢・石川の文学
近現代文学
書評・同人誌評
劇評「私のかあてんこおる」
エッセイ・コラム
ものぐさ
パラサイト
 私の「かあてんこおる」T 1986-1988 
 私の「かあてんこおる」T 1989-1990 
 私の「かあてんこおる」T 1991-1993  
 私の「かあてんこおる」T 1994-1995 
 私の「かあてんこおる」U 1995-1996 
 私の「かあてんこおる」U 1997-1998 
 私の「かあてんこおる」U 1999-2000 
 私の「かあてんこおる」U 2001-補録 
金沢市民劇場

 劇評(観劇感想文) 私の「かあてんこおる」

 この頁は、「劇評」(観劇感想文、観劇レビュー)を掲載します。演劇鑑賞団体「金沢市民劇場」に入会して二十年近く、演劇を定期的に観てきました。そして、気が向いたときに、短評を、機関誌「かあてんこおる」(感想文集)に掲載してきました。その一部(2001年〜)を、ここに掲載しています。
 なお、2001年までのものは、「私の「かあてんこおる」」「私の「かあてんこおる」U」として出版しています。ご希望の方は、連絡くだされば、無料で差し上げます。なお、メールアドレスはプロフィール頁にあります。

  新・裸の大将放浪記 海流座公演 2010.4

「新・裸の大将放浪記」 海流座公演 2010.4


  ご存じ芦屋雁之助の当たり役。私達世代で山下清といえば小林桂樹だが、後年、テレビで人気が沸騰した。しかし、あまりに好評を博したため、役者としてイメージが固定してしまう不幸にみまわれた。その上、糖尿病にもかかわらず肥った体型を維持せざるを得ず、時に差し出されたおにぎりを客前で頬張って見せたりもして、ジレンマを抱えつつ演じていたという。そうした実情が、死亡後、世間に広まって、役者の因果な商売ぶりが改めて言われたりしたのが、もう五年前のこと(二〇〇四年没)。
 その姿を知っているだけに、弟小雁は引き継ぐのを悩んだようだ。米倉斉加年が説得し、脚本・演出を手がけることで、この役を引き受けることになった。
 主人公山下清は、田舎の駅で盲目の少女と出逢い、彼女の勤め先の軍国食堂で働くことになる。突然姿を消してしまった清を心配した八幡学園の馬宮は、清を探しあてて迎え来て……という展開。前編は、お馴染みの山下が引き起こすドタバタと、純粋だからこそ人を最終的に幸せにしてしまう彼のありようを描いて、安心して観ることができる。軽度の知的障害があるがゆえに、周りを慌てさせ、笑わせ、そして幸せにしてしまうという演技は、考えてみれば、藤山寛美の十八番であった。兄より声などが似ている小雁の演技に、寛美のイメージが重なったのは私だけだろうか。今年、小雁は七十六歳になるはずだが、動きも軽快で、「番頭はんと丁稚どん」の頃と全然変わっていないように見えた。
 戦後、放浪の天才画家として山下清の名は有名になる。彼の生活もプロの画家のそれになり、「先生」と呼ばれる存在になった。その中で、時に鬱積したものが表に出て苛つく。後半は、そうした人間的なテーマが現れ、新劇的な展開をみせる。そのあたりもしっかり描こうというのが米倉の意図であり、そこが小雁が納得したところだったのではないかと推察する。
 役者的には、米倉を久しぶりに生で見られたことが収穫(易者役 今年七十五歳)。何十年も前、役者として成功をおさめ、テレビにもよく出ていた。絵描きとしても独特の才能を持っていることは我々世代以上の人は皆知っている。最後に、小雁とともに彼も少しトークがあった。この芝居、小雁はもちろん彼も大事な看板で、二枚看板の劇。それに、フォーリーブスの一人、おりも政夫が頑張っていた。当時若かった女性観客陣はさぞ懐かしかろう。    (2010.4.12)

    [1] 
 前のテキスト : 令嬢ジュリー エイコーン 2010・6
 次のテキスト : 冬のライオン 幹の会+リリック 2010・2

「わたしの「かあてんこおる」「同U」目次

 

 劇評小冊子「わたしの「かあてんこおる」「同U」に掲載されている劇名は、以下の通りです。該当の左のボックスをクリックして下さい。

 

「わたしの「かあてんこおる」
 一 九 八 六 〜 八 八 年                              
『おんにょろ盛衰記  三年寝太郎』
『罠』                         
『払えないの? 払わないのよ!』                     
『頭痛肩こり樋口一葉』                       
『こんな話』                     
『プラザスイート』                   
『薮原検校』                 
『夢の降る街』      

 

 一 九 八 九 〜 九 〇 年                                
『闇に咲く花−愛敬稲荷神社物語』                             
『夜の笑い』                           
『三婆』                         
『砂の上のダンス』                       
『炎の人−ゴッホ小伝』                     
『エセルとジューリアス』                   
『唐来参和』                 
『ミュージカル 船長』    

 

 一 九 九 一 〜 九 三 年                              
『雪やこんこん』                             
『音楽劇 楢山節考』                           
『おもん藤太 文七元結』                         
『日本の面影』                       
『気になるルイーズ』                     
『リチャード三世』                   
『遺産らぷそでぃ』          

 

一 九 九 四 〜 九 五 年                              
『奇妙な果実』                             
『がめつい奴』                           
『荷車の歌』                         
『花石榴−友禅の家』                       
『枯れすすき−野口雨情抄伝』                     
『正しい殺し方教えます』                   
『喜劇 キュリー夫人』                 
『マンザナ、わが町』               
『サンダカン八番娼館−底辺女性史序章』             
「あ と が き」

 

「わたしの「かあてんこおるU」
一九九五年(承前)
 九月『とってもゴースト』                     
 十月『グレイ・クリスマス』                     
 十一月『セイムタイム・ネクストイヤー』       

 

一九九六年
 二月『フィガロが結婚』              
 三月『一本刀土俵入り・舞踊藤娘』               
 六月『頭痛肩こり樋口一葉』                   
 七月『欲望という名の電車』                 
 九月『哄笑』                             
 十一月『ロミオとジュリエット』         

 

一九九七年
 一月『馬かける男たち』          
 四月『キッスだけでいいわ』    
 六月『君はいま、何処に…』     
 七月『カラマーゾフの兄弟』   
 九月『越前竹人形』         
 十一月『花よりタンゴ』   

 

一九九八年
 二月『サロメの純情』                         
 四月『さぶ』                               
 六月『ニノチカ』                         
 七月『夏の盛りの蝉のように』           
 九月『根岸庵律女』                   
 十一月『橙色の嘘』

 

一九九九年
 二月『朝焼けのマンハッタン』          
 四月『女の一生』                    
 六月『青空』                      
 七月『愛が聞こえます』          
 十月『研師源六』              
 十二月『きらめく星座』           

 

二〇〇〇年
 一月『どん底』                              
 四月『鳴神・狐山伏』                      
 六月『野分立つ』                         
 八月『キッチン』                       
 九月『黄金色の夕暮れ』               
 十一月『見よ、飛行機雲の高く飛べるを』

 

二〇〇一年
 三月『湧きいずる水は』                        
 五月『ら抜きの殺意』                          
 七月『ほにほに、おなご医者』                
 十月『冬物語』                            
  十二月『崩れた石垣、のぼる鮭たち』      

 

補 録
『青春デンデケデケデケ』                          
『月夜の晩の出来事で、武士と呼ばれた侍が』      
『すべて世は事も無し』                        
 あとがき

                                       

 

 

 

 

 

 

(井上ひさしの戯曲単行本 左は名前を間違って訂正してある貴重本 運営者所有)

Toshitatsu Tanabe Copyright(C)2004
EasyMagic Copyright (C) 2003 LantechSoftware Co.,Ltd.
All rights reserved.