総計: 2602735  今日: 568  昨日: 798       Home Search SiteMap Admin Page
  日本近代文学論究
耽美派(潤一郎・荷風)
ベストセラー論
金沢・石川の文学
近現代文学
書評・同人誌評
劇評「私のかあてんこおる」
エッセイ・コラム
ものぐさ
パラサイト
 私の「かあてんこおる」T 1986-1988 
 私の「かあてんこおる」T 1989-1990 
 私の「かあてんこおる」T 1991-1993  
 私の「かあてんこおる」T 1994-1995 
 私の「かあてんこおる」U 1995-1996 
 私の「かあてんこおる」U 1997-1998 
 私の「かあてんこおる」U 1999-2000 
 私の「かあてんこおる」U 2001-補録 
金沢市民劇場

 劇評(観劇感想文) 私の「かあてんこおる」

 この頁は、「劇評」(観劇感想文、観劇レビュー)を掲載します。演劇鑑賞団体「金沢市民劇場」に入会して二十年近く、演劇を定期的に観てきました。そして、気が向いたときに、短評を、機関誌「かあてんこおる」(感想文集)に掲載してきました。その一部(2001年〜)を、ここに掲載しています。
 なお、2001年までのものは、「私の「かあてんこおる」」「私の「かあてんこおる」U」として出版しています。ご希望の方は、連絡くだされば、無料で差し上げます。なお、メールアドレスはプロフィール頁にあります。

  セールスマンの死 無名塾 2003.2

システムの自由だけは
 

                無名塾公演『セールスマンの死』第240回例会

 

 不況の時代、身にしみる芝居だった。仲代達也自身、前からやりたかった芝居であり、こうした世の中だからこそという思いがあったという。
 十年以上前、滝沢修主演で観た「セールスマンの死」は、滝沢が役年齢よりかなり上だったせいで、「なぜこんなおじいさんが未だに月給取りの現役なのだろう、もうとっくに退職していてもいいはずなのに」という印象が拭えず、現実感がなかった。その点、実年齢と役年齢(六十四歳)が近く、バイタリティーがあり現役感のある仲代達也は、今、適任だ。舞台を半回転させる演出や、寝室・リビング・2階の子供部屋の部屋割もわかりやすく、滝沢演出に較べ、メリハリが効いている。
 年をとり、馴染みの顧客も引退し、注文数が減ってくる。セールスマンにとって最も避けたい事態だ。もちろん、新規の顧客開拓を怠った彼自身の怠慢だが、それを置いても、彼のセールス観が、自分を知ってもらって、信頼してもらい、かつジョークがうまいことが一番と考える旧タイプで、もっとドライな、代替わりした新しい世代の顧客に対応できなかったということがある。
 人のつながりが第一か、二次以下でしかないのか。まるで、日本の郊外型大型家電量販店と近所の電気屋さんとでかつて起こったことと同じだ。ただ、現代の日本では、淘汰されるべきは淘汰され、老齢家庭のトータル電気アドバイザー的な役割として、お金を超えた信頼を得て、存続しているところも多く、そういった明確な危機感が表面化していなかった当時、彼にもっと意識的になれとといっても無駄なことである。
 彼の場合の問題は、そればかりではない。人生の成功面だけを追いかけ、子供にも、失敗の現実を見つめさようとしなかった。ここから何を学べばいいのだろう。もっと現実直視しろという安易な結論も思い浮かぶが、おそらく作者が用意している答えではないだろう。
 車による自殺という後味の悪い結末。彼には性格上問題があったが、だからといって彼の夢を笑うことは誰にもできない。愛すべき人物なのだ。「セールスマンはアメリカ社会繁栄の原動力なのだ」という自分の仕事に対する矜持も極めて立派で、あのお歳なのだからニューヨーク勤務の願いなども当然の希望だ。それもかなわず、息子の有力者への取り入りもうまくいかない。何もかもうまくいかない一家。問題もあるが、でも、あまりにもうまくいかなすぎではないか。何とか偶然でもが作用して、一つでもうまくいかないかのと我々観客は願って観ていた。でも、結局好転せず。
 暗澹たる思いで幕。
 名作である。仲代が感じたように、確かにニューヨークと日本、五十年間の時空を超えて、何も変わらない。(この作品は1949年作)
 作者のアーサーミラー自身、世界恐慌によって、家業の衣類製造工場が倒産、父がセールスマンとなって苦労するという経験があり、それがこの作品に色濃く反映していることは有名だ。
 近年、バブル崩壊後による日本のセールスマンの不景気をどう思うかと問われたミラーはインタビュアー(今西富幸 WE「ぴいぷる」)にこう答えている
「そんな状態が永遠に続くわけはありません。ただ、システムの自由だけは見失うことのないようにね。」
 なんとかしようとシステムをいじくりまわして、なおさら煩雑になり、自分で自分の首を絞めているような結果になりつつあるのが現代のように思えてならない。           
                     
(ローマンって浪漫?)
                                         (2003.2)

    [1] 
 前のテキスト : 遙かなる甲子園 関西芸能座 2003.3
 次のテキスト : 菜の花ラプソディ 青年劇場 2002.12

「わたしの「かあてんこおる」「同U」目次

 

 劇評小冊子「わたしの「かあてんこおる」「同U」に掲載されている劇名は、以下の通りです。該当の左のボックスをクリックして下さい。

 

「わたしの「かあてんこおる」
 一 九 八 六 〜 八 八 年                              
『おんにょろ盛衰記  三年寝太郎』
『罠』                         
『払えないの? 払わないのよ!』                     
『頭痛肩こり樋口一葉』                       
『こんな話』                     
『プラザスイート』                   
『薮原検校』                 
『夢の降る街』      

 

 一 九 八 九 〜 九 〇 年                                
『闇に咲く花−愛敬稲荷神社物語』                             
『夜の笑い』                           
『三婆』                         
『砂の上のダンス』                       
『炎の人−ゴッホ小伝』                     
『エセルとジューリアス』                   
『唐来参和』                 
『ミュージカル 船長』    

 

 一 九 九 一 〜 九 三 年                              
『雪やこんこん』                             
『音楽劇 楢山節考』                           
『おもん藤太 文七元結』                         
『日本の面影』                       
『気になるルイーズ』                     
『リチャード三世』                   
『遺産らぷそでぃ』          

 

一 九 九 四 〜 九 五 年                              
『奇妙な果実』                             
『がめつい奴』                           
『荷車の歌』                         
『花石榴−友禅の家』                       
『枯れすすき−野口雨情抄伝』                     
『正しい殺し方教えます』                   
『喜劇 キュリー夫人』                 
『マンザナ、わが町』               
『サンダカン八番娼館−底辺女性史序章』             
「あ と が き」

 

「わたしの「かあてんこおるU」
一九九五年(承前)
 九月『とってもゴースト』                     
 十月『グレイ・クリスマス』                     
 十一月『セイムタイム・ネクストイヤー』       

 

一九九六年
 二月『フィガロが結婚』              
 三月『一本刀土俵入り・舞踊藤娘』               
 六月『頭痛肩こり樋口一葉』                   
 七月『欲望という名の電車』                 
 九月『哄笑』                             
 十一月『ロミオとジュリエット』         

 

一九九七年
 一月『馬かける男たち』          
 四月『キッスだけでいいわ』    
 六月『君はいま、何処に…』     
 七月『カラマーゾフの兄弟』   
 九月『越前竹人形』         
 十一月『花よりタンゴ』   

 

一九九八年
 二月『サロメの純情』                         
 四月『さぶ』                               
 六月『ニノチカ』                         
 七月『夏の盛りの蝉のように』           
 九月『根岸庵律女』                   
 十一月『橙色の嘘』

 

一九九九年
 二月『朝焼けのマンハッタン』          
 四月『女の一生』                    
 六月『青空』                      
 七月『愛が聞こえます』          
 十月『研師源六』              
 十二月『きらめく星座』           

 

二〇〇〇年
 一月『どん底』                              
 四月『鳴神・狐山伏』                      
 六月『野分立つ』                         
 八月『キッチン』                       
 九月『黄金色の夕暮れ』               
 十一月『見よ、飛行機雲の高く飛べるを』

 

二〇〇一年
 三月『湧きいずる水は』                        
 五月『ら抜きの殺意』                          
 七月『ほにほに、おなご医者』                
 十月『冬物語』                            
  十二月『崩れた石垣、のぼる鮭たち』      

 

補 録
『青春デンデケデケデケ』                          
『月夜の晩の出来事で、武士と呼ばれた侍が』      
『すべて世は事も無し』                        
 あとがき

                                       

 

 

 

 

 

 

(井上ひさしの戯曲単行本 左は名前を間違って訂正してある貴重本 運営者所有)

Toshitatsu Tanabe Copyright(C)2004
EasyMagic Copyright (C) 2003 LantechSoftware Co.,Ltd.
All rights reserved.