総計: 2393010  今日: 440  昨日: 473       Home Search SiteMap Admin Page
  日本近代文学論究
耽美派(潤一郎・荷風)
ベストセラー論
金沢・石川の文学
近現代文学
書評・同人誌評
劇評「私のかあてんこおる」
エッセイ・コラム
ものぐさ
パラサイト
 私の「かあてんこおる」T 1986-1988 
 私の「かあてんこおる」T 1989-1990 
 私の「かあてんこおる」T 1991-1993  
 私の「かあてんこおる」T 1994-1995 
 私の「かあてんこおる」U 1995-1996 
 私の「かあてんこおる」U 1997-1998 
 私の「かあてんこおる」U 1999-2000 
 私の「かあてんこおる」U 2001-補録 
金沢市民劇場

 劇評(観劇感想文) 私の「かあてんこおる」

 この頁は、「劇評」(観劇感想文、観劇レビュー)を掲載します。演劇鑑賞団体「金沢市民劇場」に入会して二十年近く、演劇を定期的に観てきました。そして、気が向いたときに、短評を、機関誌「かあてんこおる」(感想文集)に掲載してきました。その一部(2001年〜)を、ここに掲載しています。
 なお、2001年までのものは、「私の「かあてんこおる」」「私の「かあてんこおる」U」として出版しています。ご希望の方は、連絡くだされば、無料で差し上げます。なお、メールアドレスはプロフィール頁にあります。

  遙かなる甲子園 関西芸能座 2003.3

その後の彼らこそ                 

      関西芸能座公演『遙かなる甲子園』第241回例会   

 

 今から四十年程前、沖縄で風疹が流行し、その影響で、聴覚障害の子供が一時的に増えた。その対策として、臨時に、一学年のみの北城ろう学校が開校された。やがて高校生となった彼らは野球を始める。彼らの頑張りに、野球憲章 の規定外ということで、出場できない  何とか県の大会に出場できるように、学校関係者をはじめ周囲の者たちも頑張って大会出場をかちとる。実話を元にした話。戸部良也著「遥かなる甲子園」(双葉社刊 1987)十数年前、それなりに話題になり、当時小生が勤務していた高校の読書感想文の課題図書(双葉社文庫)になり、全生徒分の文庫本をせっせとクラス配分した覚えが私にはあった。漫画 (山本おさむ「漫画アクション」連載1988〜1990)や映画(製作 大映・双葉社 配給 東宝 大澤豊監督 三浦友和・田中美佐子主演 1990)、テレビドラマ(斉藤由貴主演)にもなり、同じ事件を追った別の作品に小野卓也「廃校の夏」(講談社 1989)、 戸部良也による続編(「続遥かなる甲子園」双葉社1990)もある。こう、羅列すると、世間的に盛り上がったのは1987〜1990年ごろということがわかる。
 この話、事実そのものは意味のあるものだが、お話としてはそう複雑なものではない。十数年前に文庫で読んだ原作も、地味でありふれたドキュメント作品だった。今でも覚えているのは、高野連のえら様が、「ろう学校の校長風情が。」と発言したとあって、上の方の意識はその程度なのだろうなと思ったことだ。
 この原作で二時間の芝居を作るとすれば、だいたいどういうものになるか見えていた。実際に観て、小細工で笑いを取りながら、うまく野球をやっている雰囲気を伝えていたと感じた。体を大きく使った役者さんの頑張りは評価できる。ろうの発音が不明瞭な点も、ときに上手に演技で、ろうの発音をし、細かいところは心話文にしてさっさとテープで流してしまう。このあたりの処理もなかなかうまい。こうした演出の苦労も評価したい。
 しかし、今、なぜこの作品かという疑問は最後まで残った。「この子たちも四十歳くらいね、もう随分昔の話だわ。」というおばさまの声が休憩中に聞こえてきた。確かに当時の連盟の態度としては、前例がなく、対応が遅かったということがあるだろう。この事件がこの種の問題の嚆矢となったという面もあったのかもしれない。だが、今、スポーツの団体がどこもそんなに杓子定規に固まっていることはなくなっている。さしあたり、この芝居で戦う対象は消失しているように思う。また、もし健常者の心の差別に敷衍して考えろというのならば、あまりに単純すぎる。純粋に感動物として観ろということなのだろうか。とすれば、臭くてお涙頂戴物にすぎないと毛嫌いした人の意見も一理あることになる。後半の引っ張り方は如何にもだ。私自身は、時々のコミカルな演技で笑いをくれて、飽きずに最後まで観られたのがよかったといった感想。それ以下でもそれ以上でもなし。
  この芝居で描かれた障害者観は、お話同様、当時のレベル。今はもっと行政的にも市民の意識レベルでも進んでいる。それでも健常者側に目に見えないバリアがあるとしたならば、「「遙かなる甲子園」その後」の芝居こそ創られるべきではないか。
                            (高野連の高体連加盟早期実現を)
                                    (2003・3)

    [1] 
 前のテキスト : アンネの日記 劇団民芸 2003.6
 次のテキスト : セールスマンの死 無名塾 2003.2

「わたしの「かあてんこおる」「同U」目次

 

 劇評小冊子「わたしの「かあてんこおる」「同U」に掲載されている劇名は、以下の通りです。該当の左のボックスをクリックして下さい。

 

「わたしの「かあてんこおる」
 一 九 八 六 〜 八 八 年                              
『おんにょろ盛衰記  三年寝太郎』
『罠』                         
『払えないの? 払わないのよ!』                     
『頭痛肩こり樋口一葉』                       
『こんな話』                     
『プラザスイート』                   
『薮原検校』                 
『夢の降る街』      

 

 一 九 八 九 〜 九 〇 年                                
『闇に咲く花−愛敬稲荷神社物語』                             
『夜の笑い』                           
『三婆』                         
『砂の上のダンス』                       
『炎の人−ゴッホ小伝』                     
『エセルとジューリアス』                   
『唐来参和』                 
『ミュージカル 船長』    

 

 一 九 九 一 〜 九 三 年                              
『雪やこんこん』                             
『音楽劇 楢山節考』                           
『おもん藤太 文七元結』                         
『日本の面影』                       
『気になるルイーズ』                     
『リチャード三世』                   
『遺産らぷそでぃ』          

 

一 九 九 四 〜 九 五 年                              
『奇妙な果実』                             
『がめつい奴』                           
『荷車の歌』                         
『花石榴−友禅の家』                       
『枯れすすき−野口雨情抄伝』                     
『正しい殺し方教えます』                   
『喜劇 キュリー夫人』                 
『マンザナ、わが町』               
『サンダカン八番娼館−底辺女性史序章』             
「あ と が き」

 

「わたしの「かあてんこおるU」
一九九五年(承前)
 九月『とってもゴースト』                     
 十月『グレイ・クリスマス』                     
 十一月『セイムタイム・ネクストイヤー』       

 

一九九六年
 二月『フィガロが結婚』              
 三月『一本刀土俵入り・舞踊藤娘』               
 六月『頭痛肩こり樋口一葉』                   
 七月『欲望という名の電車』                 
 九月『哄笑』                             
 十一月『ロミオとジュリエット』         

 

一九九七年
 一月『馬かける男たち』          
 四月『キッスだけでいいわ』    
 六月『君はいま、何処に…』     
 七月『カラマーゾフの兄弟』   
 九月『越前竹人形』         
 十一月『花よりタンゴ』   

 

一九九八年
 二月『サロメの純情』                         
 四月『さぶ』                               
 六月『ニノチカ』                         
 七月『夏の盛りの蝉のように』           
 九月『根岸庵律女』                   
 十一月『橙色の嘘』

 

一九九九年
 二月『朝焼けのマンハッタン』          
 四月『女の一生』                    
 六月『青空』                      
 七月『愛が聞こえます』          
 十月『研師源六』              
 十二月『きらめく星座』           

 

二〇〇〇年
 一月『どん底』                              
 四月『鳴神・狐山伏』                      
 六月『野分立つ』                         
 八月『キッチン』                       
 九月『黄金色の夕暮れ』               
 十一月『見よ、飛行機雲の高く飛べるを』

 

二〇〇一年
 三月『湧きいずる水は』                        
 五月『ら抜きの殺意』                          
 七月『ほにほに、おなご医者』                
 十月『冬物語』                            
  十二月『崩れた石垣、のぼる鮭たち』      

 

補 録
『青春デンデケデケデケ』                          
『月夜の晩の出来事で、武士と呼ばれた侍が』      
『すべて世は事も無し』                        
 あとがき

                                       

 

 

 

 

 

 

(井上ひさしの戯曲単行本 左は名前を間違って訂正してある貴重本 運営者所有)

Toshitatsu Tanabe Copyright(C)2004
EasyMagic Copyright (C) 2003 LantechSoftware Co.,Ltd.
All rights reserved.