総計: 2596361  今日: 279  昨日: 858       Home Search SiteMap Admin Page
  日本近代文学論究
耽美派(潤一郎・荷風)
ベストセラー論
金沢・石川の文学
近現代文学
書評・同人誌評
劇評「私のかあてんこおる」
エッセイ・コラム
ものぐさ
パラサイト
 私の「かあてんこおる」T 1986-1988 
 私の「かあてんこおる」T 1989-1990 
 私の「かあてんこおる」T 1991-1993  
 私の「かあてんこおる」T 1994-1995 
 私の「かあてんこおる」U 1995-1996 
 私の「かあてんこおる」U 1997-1998 
 私の「かあてんこおる」U 1999-2000 
 私の「かあてんこおる」U 2001-補録 
金沢市民劇場

 劇評(観劇感想文) 私の「かあてんこおる」

 この頁は、「劇評」(観劇感想文、観劇レビュー)を掲載します。演劇鑑賞団体「金沢市民劇場」に入会して二十年近く、演劇を定期的に観てきました。そして、気が向いたときに、短評を、機関誌「かあてんこおる」(感想文集)に掲載してきました。その一部(2001年〜)を、ここに掲載しています。
 なお、2001年までのものは、「私の「かあてんこおる」」「私の「かあてんこおる」U」として出版しています。ご希望の方は、連絡くだされば、無料で差し上げます。なお、メールアドレスはプロフィール頁にあります。

  ミュージカル百婆 わらび座 2005.7

キャッチボールも練習せねば   わらび座公演 ミュージカル「百婆」を観る。
 
 高文連文化教室で、生徒と一緒に、わらび座のミュージカル「百婆」(脚本・演出 吉本哲雄)を観る。
 朝鮮半島より有田に渡来した陶工が、出世し名字帯刀を許される。その夫の死に際し、渡来人のしきたりで葬儀をしたいと願う妻の百婆と、帰化したのだから日本風にすべきと考える息子、そうした日韓の文化の差と同一性をうまく織り込みながら、楽しいミュージカルに仕立てた舞台であった。わらび座にしては、主義主張的でなく、豪華なエンターテイメントになっていた。
 いつも思うのが、生徒の無反応。日韓の問題を扱っているので、重い部分もあるのだけれど、渡来語でお経を詠むことになり、その翻訳を間違えてアリランの歌詞になり、葬式中、みんなが踊り出すとか、楽しい場面も沢山あるのに、誰も笑わない。黙って静かに観ていなければならないという脅迫観念が会場全体を支配している。その上、最後のカーテンコールの拍手も続かない。俳優がはけるとすぐ止み、出てくると、また、拍手する。まるで御義理で拍手しているかのようである。
 かと思うと、ほんの数名の女子生徒は、最後までコソコソ、クスクスと雑談を続け、その声が会場に響いているにもかかわらず、みんな迷惑しているのに気がつかない。
 なぜ、そういうことになるのだろう。
 まず、映画などで何百億円使った映像を見慣れている彼らは、舞台程度のスペクタクルでは、すごいと思わないのだろう。ユーモアもおっとりとしていて、刺激のあるギャグに慣れてしまっている彼らには、笑うほどのものでもない。ある意味、彼らはなかなかシビアでクールな観客たちなのである。
 つまり、映像世代の彼らは、舞台も映像作品の感覚で観ているから、映画館で観ている感じで黙って芝居を観、つまらないテレビを観ている感じで雑談するのだ。芝居は、観客と役者のキャッチボールで作るものという意識が全然育っていない。だから、大人が観ていて、どこどなく反応が変なのである。役者さんも、正直、やりにくかろう。
 「もっと笑えばいいのだよ。よかったと思ったら、もっともっと拍手してあげようね。」
 今日、1年のあるクラスで、そんな話をしたら、だって、笑っていたら、先生に力一杯怒られたもん。と、ある女生徒が、えらく不興な面持ちで言い放った。
 わかった。芝居中、ペチャクチャ喋っていたのは、お前だ。
                          (2005.7.4)
                  (高文連文化教室於石川厚生年金会館大ホール)

(「ものぐさ日記」2005.7.7に日記として掲載されたものを、修正して掲載。)

    [1] 
 前のテキスト : 木の皿 加藤健一事務所 2006.5
 次のテキスト : リチャード三世 文学座 2003,9

「わたしの「かあてんこおる」「同U」目次

 

 劇評小冊子「わたしの「かあてんこおる」「同U」に掲載されている劇名は、以下の通りです。該当の左のボックスをクリックして下さい。

 

「わたしの「かあてんこおる」
 一 九 八 六 〜 八 八 年                              
『おんにょろ盛衰記  三年寝太郎』
『罠』                         
『払えないの? 払わないのよ!』                     
『頭痛肩こり樋口一葉』                       
『こんな話』                     
『プラザスイート』                   
『薮原検校』                 
『夢の降る街』      

 

 一 九 八 九 〜 九 〇 年                                
『闇に咲く花−愛敬稲荷神社物語』                             
『夜の笑い』                           
『三婆』                         
『砂の上のダンス』                       
『炎の人−ゴッホ小伝』                     
『エセルとジューリアス』                   
『唐来参和』                 
『ミュージカル 船長』    

 

 一 九 九 一 〜 九 三 年                              
『雪やこんこん』                             
『音楽劇 楢山節考』                           
『おもん藤太 文七元結』                         
『日本の面影』                       
『気になるルイーズ』                     
『リチャード三世』                   
『遺産らぷそでぃ』          

 

一 九 九 四 〜 九 五 年                              
『奇妙な果実』                             
『がめつい奴』                           
『荷車の歌』                         
『花石榴−友禅の家』                       
『枯れすすき−野口雨情抄伝』                     
『正しい殺し方教えます』                   
『喜劇 キュリー夫人』                 
『マンザナ、わが町』               
『サンダカン八番娼館−底辺女性史序章』             
「あ と が き」

 

「わたしの「かあてんこおるU」
一九九五年(承前)
 九月『とってもゴースト』                     
 十月『グレイ・クリスマス』                     
 十一月『セイムタイム・ネクストイヤー』       

 

一九九六年
 二月『フィガロが結婚』              
 三月『一本刀土俵入り・舞踊藤娘』               
 六月『頭痛肩こり樋口一葉』                   
 七月『欲望という名の電車』                 
 九月『哄笑』                             
 十一月『ロミオとジュリエット』         

 

一九九七年
 一月『馬かける男たち』          
 四月『キッスだけでいいわ』    
 六月『君はいま、何処に…』     
 七月『カラマーゾフの兄弟』   
 九月『越前竹人形』         
 十一月『花よりタンゴ』   

 

一九九八年
 二月『サロメの純情』                         
 四月『さぶ』                               
 六月『ニノチカ』                         
 七月『夏の盛りの蝉のように』           
 九月『根岸庵律女』                   
 十一月『橙色の嘘』

 

一九九九年
 二月『朝焼けのマンハッタン』          
 四月『女の一生』                    
 六月『青空』                      
 七月『愛が聞こえます』          
 十月『研師源六』              
 十二月『きらめく星座』           

 

二〇〇〇年
 一月『どん底』                              
 四月『鳴神・狐山伏』                      
 六月『野分立つ』                         
 八月『キッチン』                       
 九月『黄金色の夕暮れ』               
 十一月『見よ、飛行機雲の高く飛べるを』

 

二〇〇一年
 三月『湧きいずる水は』                        
 五月『ら抜きの殺意』                          
 七月『ほにほに、おなご医者』                
 十月『冬物語』                            
  十二月『崩れた石垣、のぼる鮭たち』      

 

補 録
『青春デンデケデケデケ』                          
『月夜の晩の出来事で、武士と呼ばれた侍が』      
『すべて世は事も無し』                        
 あとがき

                                       

 

 

 

 

 

 

(井上ひさしの戯曲単行本 左は名前を間違って訂正してある貴重本 運営者所有)

Toshitatsu Tanabe Copyright(C)2004
EasyMagic Copyright (C) 2003 LantechSoftware Co.,Ltd.
All rights reserved.